バルクオムを購入する際の気になる質問などをまとめました

バルクオムのよくある質問まとめ

バルクオム洗顔料について

 

Q:1 バルクオムの「THE FACE WASH」は他の洗顔料と比べてどのような特徴がありますか?

 

洗顔クリームでも固形石鹸でもない「生せっけん」という新しいタイプの洗顔料です。刺激の少ない洗顔をする上で重要となるのは「泡立ちの良さ」と「泡の弾力」なのですが、生せっけんは人肌くらいの温度で溶けやすく(=泡立ちやすい)、半固形という剤型からしっかりとした泡(=弾力)を作ることができ、お肌への摩擦を極力減らした洗顔をすることが可能です。

 

Q:2 バルクオムは弱酸性で刺激は少ないですか?

 

弱アルカリ性です。石鹸は一部の特殊な例を除いて基本的に弱アルカリ性です。酸性と比べ、アルカリ性の方が洗浄力が優れており、お肌の汚れや油分を効果的に取り除いてくれます。お肌は通常弱酸性に保たれており、石鹸洗顔をすることで一時的に弱アルカリ性に変動しますが、皮膚常在菌の働きによってすぐに弱酸性に戻りますのでご安心下さい。

 

Q:3 汗をかきやすく肌が汚れやすいのですが、ちゃんと落とせますか?

 

汚れはきちんと落としながらも、皮膚本来が持つ脂質で擬似皮脂膜を形成する生せっけんを使用しているため、皮脂を落としすぎて乾燥を招く心配はありません。適度な洗浄力は保ちつつ、洗い上がりはしっとりと心地良いうるおいを与える、エモリエント効果が期待できる洗顔料です。

 

バルクオム化粧水について

 

Q:1 バルクオムの「THE TONER」は他の化粧水と比べてどのような特徴がありますか?

 

使用感としてこだわったのは「ベタつかない」という点と「シェービング後でもヒリヒリしない」という点です。化粧水は潤いを与えるために保湿剤が重要なのですが、ベタベタしないながらも保湿力の高い保湿剤を厳選しました。また、「清涼成分」はシェービング後の肌に刺激となることが多いので、清涼成分は使用しておりません。

 

Q:2 乾燥する冬場以外も使ったほうが良いですか?

 

男性は、毎日のシェービングをはじめとして様々な場面でお肌にダメージを受けていますので、1年を通してスキンケアをする必要があります。スキンケアは継続することで効果をより高めます。夏場のベトつく季節であっても、化粧水だけでも継続したスキンケアを怠らないようにしましょう。

 

Q:3 肌がべたつきやすいですがバルクオム化粧水は使ったほうがいい?

 

お肌がベタつきやすいということは、皮脂が過剰分泌している可能性があります。皮脂の過剰分泌には様々な要因がありますが、スキンケアによってお肌の状態を整えることが過剰分泌を抑制することにも繋がりますので、洗顔だけでなくスキンケアもしっかりと行うことをお奨めします。

 

バルクオム乳液について

 

Q:1 化粧水のあとに乳液は必ず必要?

 

化粧水は「潤いを与える」という目的があるように、乳液には「化粧水の潤いを閉じ込めるフタの役割をする」という目的があります。化粧水だけ塗って放っておくと徐々に水分が蒸発してしまうのですが、油分を含む乳液で表面を覆うことによってそれを防ぎ、潤いを持続させる事ができます。

 

Q:2 乳液を使うタイミングはありますか?
せっかくつけた化粧水が蒸散してしまう前に乳液を塗布するのは大原則ですが、化粧水を程良く浸透させるためにも、BULK HOMMEでは3分程度時間をおいてからのご使用をお奨めしております。

 

Q:3 ニキビのある肌に乳液は悪化しませんか?

 

ニキビの原因となる油剤やニキビに対して刺激となる成分は使用しておりません。

 

 

※BULK HOMMEのスキンケア製品は医薬部外品ではありませんので、にきび対策製品としてはご利用頂けません。
※万が一肌に異常が現れた場合は皮膚科へご相談下さい。

 

バルクオム